Midoliy |> F# - タプルパターン
タプルパターン
Midoliy|F#プログラミング
タプルパターンの概要
サンプルでみるタプルパターン

タプルパターンの概要


 タプルパターンはタプル形式の入力とマッチングします。このパターンでは、タプル内の要素位置ごとに値をバインディングさせて、構成要素に分解することが可能です。
 言葉だけですと難しく感じてしまうため、次項のサンプルをみて、挙動を確認してください。


サンプルでみるタプルパターン


 以下は簡単なタプルパターンのサンプルです。なお、サンプルでは定数パターン・変数パターン・ワイルドカードパターンが同時に利用されています。


 サンプルの8~9行目に注目してください。ここでは変数パターンも同時に利用して、var2(8行目)とvar1(9行目)に値をバインディングしています。もちろん、(var1, var2) というようなパターンを追加すれば、2要素のタプルを各構成要素に分解することが可能です。