Midoliy |> F# - invalidArg関数
invalidArg関数
Midoliy|F#プログラミング
invalidArg関数の概要
サンプルでみるinvalidArg関数

invalidArg関数の概要


 invalidArg関数は、引数に関するF#例外を発生させるために利用されます。failwith関数の引数例外に特化したバージョンだと思ってもらって大丈夫です。
// ------------------
// [ 構文 ]
// ------------------
invalidArg parameter-name error-message-string

 構文中の [parameter-name] には、通常、無効な引数が渡された引数名を含む文字列を指定します。[error-message-string] には、エラーメッセージを表す [文字列リテラル] または [string型の値] を指定します。ここで指定した [parameter-name] / [error-message-string] は、例外オブジェクトのプロパティとなります。
 invalidArg関数によって発生した例外は、System.ArgumentException型と同等です。


サンプルでみるinvalidArg関数


 以下はinvalidArg関数の簡単な利用方法を示しています。